どんな機能があるの?タイムレコーダー

タイムレコーダーの基本的な機能

労働時間の管理をするために使われるタイムレコーダーは、様々な機能が搭載されたタイプが販売されており利便性が高まっているのが特徴です。これからタイムレコーダーを導入するならば、どんな機能があるか知っておきましょう。
まず、標準装備されているものとしてメモリー機能があり、これは停電といったトラブルが発生しても設定や時刻の保持を行ってくれます。
また、業種によって勤務形態は変わってきますが、タイムレコーダーならばこのような違いにも対応することが可能です。時間帯によって集計してくれる機能が付いたタイプならば給与計算を行う手間を省くことができ、シフト対応ができるタイプなら時間集計や管理もより簡単になります。

クラウドタイプのタイムレコーダー

業種によっては会社にほとんどおらず外で仕事をする社員が在籍する会社もありますが、このような場合に勤怠管理を行うならクラウド型のタイムレコーダーがおすすめです。スマートフォンやパソコンを使って打刻できるので会社に帰らなくても、正確に打刻ができます。さらに社員ごとに有給の残った日数を伝えてくれたり、残業時間を警告する機能が搭載されたタイムレコーダーも存在するので、管理する側も社員に伝える手間を省けるんです。
このように多くの機能が搭載されたクラウド型ですが、サーバーを設置するといったシステムを導入するコストが少ないことも大きな魅力となっています。自社にどんなタイムレコーダーがあればより便利か検討しましょう。