職場に必要不可欠なアイテム!

勤怠管理を正確に行える

出勤や退勤の時間を記録できるタイムレコーダーは、職場に必要不可欠なアイテムと言えます。パソコンと接続することで、データをリアルタイムで確認できるのも大きなメリットです。作業の効率化にもつながり、より正確に勤怠管理が行えるようになります。社員数が多い職場ほど、勤怠管理の手間や時間もかかりがちです。勤怠管理システムを導入することで、簡単な入力だけで管理業務が実施できます。個別に勤務時間を入力する必要もなく、人件費の削減にも効果的です。記録されたデータは自動で集計されるため、手動によるミスも確実に防ぐことができます。本来の業務に注力できるようになり、今までにない大幅な業務効率化が実現できるでしょう。

勤務状況をくまなく把握できる

タイムレコーダーに勤怠管理システムを組み合わせることで、勤務状況もくまなく把握できるようになります。タイムカードだけの管理では、打刻データを集計するまで勤務状況がわからないのもネックです。コンプライアンスを考えると、労働状況が把握できていないのは大きな問題につながる恐れもあります。システムを活用すれば、残業時間や休暇など労働時間の管理も行いやすくなるはずです。本人しか打刻できない指紋認証など、不正打刻を防ぐための機能もしっかり搭載されています。正確な労働時間を把握することは、企業の損失をなくす意味でも大事なポイントです。労働生産性の向上はもちろん、長期的なコスト削減にもつながっていくでしょう。